プラセンタイメージ

プラセンタ注射の副作用

プラセンタは胎盤から抽出されている成分です。
プラセンタの安全性に、疑問がもたれる事が多くあるようです。
しかしプラセンタ空作られた医薬品は、厚生労働省の認可をしっかり受けた安全なヒト胎盤エキスを使用しているので、安心して使用できます。

昭和30年からプラセンタによる治療を、多くの人に行ってきました。
副作用としては、注射部位の発赤や硬結はあるものの、大きな副作用はいまだに報告されていません。
よって、プラサンタ注射による副作用は今のところ無いとい言われています。
注射することによって若干のかゆみや痛みなどは、人それぞれ感じることもあるようです。
それは、プラセンタの成分によるものではなく、殆どが注射によるものなのだと思われているので、副作用というには少し違うかもしれません。

しかし、アレルギーを治す効果のあるプラセンタでもあるのです。
プラセンタによって、新たなアレルギー反応を示す人も居るようです。
そのような症状がでてしまうことは、副作用というのかもしれません。

プラセンタエキスは、厚生労働省が決めた以上の熱処理を行って、ウイルスを完全に除去したものを利用しています。
胎盤に含まれている血液やホルモンも、製造の過程では100%除去されています。
プラセンタ注射や点滴などに使用されるプラセンタに、血液やホルモンは含まれていません。
もちろん、各種バクテリア、エイズウイルス、B型、C型肝炎ウイルスの検査もされています。
話題になった狂牛病の病原体として一般的に知られている、プリオンなどの感染病原体に対する検査もしっかり行なっています。
プラセンタは製造や品質管理に、完璧な感染症対策がとっているため、安心して利用できます。

プラセンタ注射の効果は即効性ではなく、数ヶ月かけながら繰り返し使用することで効果が得ることができます。
注射によって一番わかりやすい効果は、肌のハリかもしれません。
シミやシワなどは、肌のターンオーバーと一緒に効果を実感できてくるでしょう。

プラセンタ注射と併用しながら、サプリメントやドリンクなども摂取することができます。
外と内からプラセンタを取り入れることで、効果が早まるということができます。

Copyright(C) 2013 生命の源.com All Rights Reserved.