プラセンタイメージ

プラセンタ注射に適応する保険

プラセンタ注射の保険適用については、やはり気になるところだと思います。
プラセンタ注射を美容目的であるしみ、そばかす、にきび予防、皮膚の活性化、若返り効果に使用する場合は、やはり保険適応にはなりません。
それと、肩こりからくる痛みや腰痛症に対してプラセンタ注射を打つ場合にも同様で、保険適応にはなりません。
全額負担となるとどのくらいかかるのかはhttp://www.genesis-path.com/cost.htmlにかいてありますのでご覧ください。

ところがプラセンタ注射が、保険適応となる病気ももちろんあります。
保険適応となるのは更年期障害、乳汁分泌不全、肝炎、肝硬変、肝機能障害といった病気になります。

現在、健康保険が適用となるプラセンタ注射を発売している会社は、2社のみになっています。
現在、メルスモンというものが更年期障害、乳汁分泌不全のプラセンタ注射になっています。
メルスモンは、製造・販売をメルスモン製薬株式会社が行っています。
更年期障害、乳汁分泌不全の健康保険適用としてプラセンタ注射剤が作られています。
1アンプル2ml中、胎盤抽出物100mg含まれているといわれています。
メルスモン製薬では、健康保険の適用を認められ45年間という年月、メルスモン注射を製造・販売してきた歴史を持ちます。
重大な副作用による事故の事例は、まだ一例も報告されていません。

ラエンネックが肝機能障害の適応症で、プラセンタ注射をするにあたって保険適用が認められています。
ラエンネックは、製造と販売を株式会社日本生物製剤がしています。
慢性肝疾患において肝機能の改善を目的とした、健康保険適用の治療薬としてプラセンタ注射剤が作られています。
1アンプル2ml中に、胎盤抽出物112mg含まれています。
ラエンネックは、特に美容目的で利用されてます。

プラセンタ注射は、美容から健康まで幅広い分野で利用されているといえるでしょう。
また、女性の更年期障害や肝機能の改善に保険適用のものがあり、通常は皮下注射か筋肉注射で行いなわれます。
静脈注射をするということもありますが、痛み止めの効果があるベンジンアルコールを含んでいるものもあります。
アナフィラキシーショックの可能性もあるので、気をつけるよう心がけた方がよいでしょう。
まずはプラセンタ注射を打つ前に、プラセンタ注射についてよく知ることから大事となってくるでしょう。

Copyright(C) 2013 生命の源.com All Rights Reserved.