プラセンタイメージ

更年期障害に効果的

プラセンタが、更年期障害に効果的であることは知っていますか。
最近ではhttp://www.terratherm.info/kounenki.htmlなど様々なサイトにも解説されているので知っている人が多いかもしれません。
実はプラセンタの効果を活用すれば、あなたの気になる症状を改善することだってできるのです。

まずこの更年期とは、閉経をはさんで、前後5年期間程度のことをいいます。つまり10年くらいの期間が、更年期ということになります。
そしてまた閉経になる年齢ですが、これは人により異なり、30歳代で閉経する人もいれば、50歳代後半まで月経がある人もいます。

ですから、30歳代後半位からの不調はもしかしたら、女性ホルモンのエストロゲンの減少が原因ということもあるかもしれません。
そこで更年期障害のことが気になったら、まず一度プラセンタを試してみましょう。

それではここで、その更年期障害の症状とプラセンタの効果について説明します。
まず、更年期障害の症状の内の精神症状には、頭痛・頭重・入眠障害・浅眠・早朝の覚醒・疲労感・倦怠感・不安感・緊張感・イライラ感・うつなど、
の様々な症状があります。
そこでまず病院で更年期障害と診断された時には、プラセンタを試してみるのもいいかもしれません。

次に身体症状には、ほてり・めまい・ふらつき・ドキドキ・息切れ・冷え性・食欲不振・腹部膨満感・下痢・肩の凝り・関節痛・腰痛・頻尿・
眼精疲労などの様々な症状があります。
ちなみにこれを読んで、もしかして更年期障害かなーと感じた場合には、プラセンタを使用してみるのもよいでしょう。

そしてこの更年期障害の原因には、卵巣機能の低下があげられます。つまり卵巣機能の低下によって、女性ホルモンのエストロゲンは激減していきます。
そして女性ホルモンのエストロゲンの減少により、自律神経のバランスが崩れてしまうのです。

また自律神経のバランスが崩れることによって、のぼせ・ほてり・めまい・発汗などの症状が出てきます。
つまり、のぼせ・ほてり・めまい・発汗などは、体のコントロール機能が低下してることにより、血管の収縮や拡張が、極端になることが原因といえます。

そしてプラセンタの効果ですが、細胞の新陳代謝や血行促進、免疫力アップ、自己治癒力のアップなどがあるといわれています。
さらには、ホルモンバランスを正常化させる働きもあるので、女性ホルモンのエストロゲンの減少により起こってしまう更年期障害などにも、
このプラセンタの効果や効能が、役に立つでしょう。

Copyright(C) 2013 生命の源.com All Rights Reserved.