プラセンタイメージ

アレルギー疾患にオススメ

私たちの体には、抗原抗体反応という免疫がついていますが、これはウィルスや病原菌などの、体外からの抗原に対して抗体を作り、撃退していきます。
ところが具体的には、ダニやカビのような、アレルゲンと呼ばれるアレルギーを引き起こす抗原物質が侵入してきた際には、
この抗体の働きが過剰になることにより、体の正常な細胞までがやられてしまいます。

そしてこの時に発症するものが、アトピー性皮膚炎や気管支ぜんそくなどといった、アレルギー疾患ということになります。
また特にアトピー性皮膚炎の発症は、アトピー素因と呼ばれ、生まれつきアレルギーを起こしやすいといった体質や、
皮膚のぶれや乾燥肌など様々な要因が、複雑に絡んでいるということがいえます。

実は、そういったアレルギー疾患にも、プラセンタが有効的だということはご存じでしょうか。
このプラセンタは、アトピー性皮膚炎や気管支喘息に、非常に効果的であるということがいわれています。

プラセンタの持っている免疫調節や、抗炎症、抗アレルギー、内分泌調節、基礎代謝向上などの様々な作用が、
このアレルギー疾患には、有効的に働くのです。

そもそもアレルギーは、抗原に対して体が過剰反応して起こる症状のことをいい、特定になりアレルゲンが体内に入ってくると、
体質によってIgE抗体が多量に作られてしまい、肥満細胞や好塩基球にくっつくといわれます。

また肥満細胞や好塩基球に、IgE抗体が合わさることにより、その刺激によってヒスタミンが大量に出され、様々なアレルギー症状が起こってしまいます。
そのため、アレルギー症状を抑えるには、ヒスタミンの放出を抑制することが大切となってきます。

そこで、そのアレルギー症状にプラセンタの注射を行うことによって、プラセンタのコロニー形成刺激因子と、
インターロイキンが細胞に働きかけることにより、免疫力を高めていくこととなります。

またプラセンタには、肥満細胞からヒスタミンが放出されるというのを抑制する作用があるといわれているので、
プラセンタ注射を継続的に行うことによって、アレルギーの抑制効果がさらに期待できるでしょう。

Copyright(C) 2013 生命の源.com All Rights Reserved.