プラセンタイメージ

プラセンタを摂取するデメリット

健康や美容のために使用されているプラセンタとは、胎盤を意味する英語です。
胎盤は古くから美容や健康のために摂取されていた歴史があります。
古代の中国では不老長寿の秘薬として使用されていた事が記録に残っていますし、クレオパトラや楊貴妃といった歴史にその名を残す美女が美容のために胎盤を利用していた事も知られています。
自然界では出産後の哺乳類によって、体力を回復するために胎盤を食べるという行為が当たり前のように行われています。
特に草食動物は、出産後には匂いが出る事から肉食動物の標的となってしまうので、一刻も早くその場を立ち去る必要があります。
胎盤には即効でエネルギーとなる栄養素が含まれているので、体力回復に大きな効果があります。
胎盤から有効な成分を抽出して製造したのが、プラセンタのサプリメントです。
サプリメントを製造するためには厳重な管理体制によって、作成されている事が知られています。
例えば以前はプラセンタのサプリメントとして一般的に使用されていたのは、牛の胎盤を原料とした製品でした。
しかし狂牛病が発覚したことによって、現在では牛由来の製品は使用される事はなくなっています。
これは副作用が起こらないように細心の注意を払って製造していることの証明となります。
現在牛由来の製品に代わって最も多く使用されているのが、豚の胎盤から有効な成分を抽出して製造された製品です。
豚は非常に頭が良くて清潔な動物である事から厳重な管理体制での飼育が可能となっています。
さらに豚は年間に複数回出産する事からコストの面でも魅力があります。
こういった生産側の努力によって安全性の高いサプリメントを魅力的な価格で購入する事が出来るようになっています。
プラセンタの魅力は副作用というデメリットが起こりにくいという点です。
元々胎盤を食べるという行為は、哺乳類の本能的な行為であり、天然の成分を原料として製造している事から化学薬品のような副作用が起こる心配はありません。
さらに倫理的な部分にも配慮されている事も特徴的です。
人間も哺乳類であるので、太古の時代には出産後に胎盤を食べていた事が予想されます。
しかし現在では人間が人間の胎盤を食べるという行為に関して問題があると感じる人も多いので、人間の胎盤を原料として製造したサプリメントはありません。
一部の医薬品の中には人間の胎盤を原料とした製品がありますが、言うまでもなく厳重な検査が行われています。
胎盤は豊富な栄養素を含んでいる他にもホルモンのバランスを整える効果があります。
このためにホルモンの減少やバランスが狂った事が原因で起こる症状に対して改善する効果が期待できます。
心と体の美容や健康に有効な効果が期待できる事から美容外科や精神科などでも治療薬として使用されるほどです。
色々な効果が期待できる上に大きな副作用が起こったという報告がされていないので、安心して長期的に使用できる事が大きな魅力となっています。

Copyright(C) 2013 生命の源.com All Rights Reserved.