プラセンタイメージ

プラセンタの副作用

最近、毎日のように、テレビのコマーシャルや、ショップチャンネル等、雑誌、インターネットなどで紹介されているプラセンタですが、その副作用とゆうものは、あまり知られていないようです。
プラセンタの歴史は意外に古く、戦前から使われていたようです。
その成分は、胎盤由来の成分であり、昔は、誰のものかも分からない胎盤を、消毒もせずに病気の治療などに使っていたため、感染症や、ショック症状、異物反応、拒絶反応などが起こっていたため、改善に改善を繰り返し、現在の医療に取り入れられました。
また、化粧品などの成分に取り入れられたりするようになって、その驚くべき効果が、注目されるようになりました。
しかも、高品質なものは、以前から医療用にも積極的に取り入れられています。
しかし、ごくまれにですが、アレルギー反応や、薬剤性肝障害などの副作用が発生したことも厚生労働省のホームページに掲載されています。
そのため、アレルギー体質のが、サプリメントなどを購入する時は、原材料を確認してから購入することが大事です。
また、薬の服用などで、肝機能が弱っている場合もあるので、肝機能障害のある方は、注意が必要といえます。
また、服用として取り入れる場合、胎盤由来の成分のため、胎児が栄養を摂取していたことでも分かるように、成長に必要なタンパク質や、アミノ酸、脂質などのほか、成長因子とゆうものが含まれています。
これは、細胞を活性化するため美肌に有効ともいわれていますが、一方では、新陳代謝を促すため、体が栄養を必要とし、必要以上に食欲が促されてしまうと、太ってしまうとゆう副作用が出る場合もあります。
プラセンタは、継続的に摂取すると効果が出ると言われていますが、このような副作用があるとゆうことを理解した上で服用すれば、食欲も抑え、良い効果を得ることができるといえるでしょう。
また、自分の体質に合っているかを知るためにも、はじめに様子を見て、300mg~500mgを摂取し、効果が出るようであれば、1000mg~2000mgと量を増やしていきます。
また、医療用で用いられているのは、ヒトの胎盤から抽出したもので、安全性の高いものが採用されていますが、化粧品等で用いられているものは、豚の胎盤から抽出したものが主流です。
高品質なものは、SPF豚から採取したものを使用していて、メーカーによって、値段にばらつきがあるのは、品質にも差があると言えるので、国外産のものは、原材料に注意して購入する必要があります。
また、体内に取り入れるために、注射を受ける方もいますが、注射を受けた部分に、腫れや痒みが出る場合があります。
これもアレルギー反応の一つと言えますが、美顔の効果を得たいために、顔に注射をする場合は特に、痛みも強く、腫れや痒みなどの症状も出ることもあるために、十分注意が必要といえます。
また、プラセンタ注射を受けた経験のある方は、献血や輸血をすることが禁止されています。
成分の特徴を理解した上で、目的に合わせて、化粧品やサプリメントなどを利用して体に取り入れていくことが重要です。

Copyright(C) 2013 生命の源.com All Rights Reserved.