プラセンタイメージ

プラセンタの育毛効果とは

健康や美容に有効な効果が期待できる事から、サプリメントや化粧品の原料として使用されているプラセンタとは胎盤の事です。
哺乳類は出産した後に栄養補給のために胎盤を食べる事が一般的です。
出産後の弱った体力を回復するために食べる胎盤には、非常に豊富な栄養素が含まれています。
古くから胎盤に特別な効果がある事は良く知られていました。
古代の中国やエジプトの権力者たちは、不老長寿の秘薬として、または美容の特効薬として胎盤を重宝していた事が記録として残っています。
胎盤には豊富なアミノ酸が含まれているので、特に毛髪と皮膚に良い影響が表れます。
現在ではアンチエイジングに有効な効果が期待できるという事から、女性を中心に人気を集めています。
しかしプラセンタの育毛効果が知られるようになってきたために、男性の利用者も少しずつ増加しています。
毛髪はアミノ酸で出来ているので、豊富なアミノ酸を含んでいる胎盤を摂取する事は栄養学的にも理にかなった行為です。
さらにそれ以外の効果も期待できます。
胎盤にはhttp://www.sdta.jp/にもあるようにホルモンのバランスを調節する働きがあるので、男性ホルモンが原因の男性型脱毛や加齢によって女性ホルモンが減少する事が原因の女性の脱毛の進行を防止する効果があります。
つまり発毛を促進させるために必要な栄養素と、脱毛を防止する効果との両方を期待する事が出来るのです。
他にもプラセンタには、いろいろな育毛のための有効な働きがあります。
毛髪の成長には睡眠が重要な事は良く知られています。
毛髪は睡眠中に最も成長するからです。
プラセンタは、精神のバランスを整えてリラックスさせる働きがあるので不眠治療にも使用されています。
さらに免疫力を高くする効果もあるので、ストレスやアレルギーが原因の脱毛症にも有効な効果があります。
ホルモン、栄養素、ストレス、アレルギー、加齢などが原因の薄毛のいずれにも有効となっている理想的な成分です。
さらに胎盤にはもう一つの大きな長所があります。
それは大きな副作用の心配がないという点です。
医学的に育毛効果を認められている成分として、ミノキシジルとフィナステリドという成分があります。
しかしこれらにはそれぞれ副作用がある事が知られています。
ミノキシジルは頭髪だけではなく体全体の毛に対して発毛効果があるので、体毛全体が濃くなってしまう事が知られています。
体毛が濃くなるのには個人差があるので問題を感じない人もいますが、背中や指の第一関節から発毛が起こってしまう場合も珍しくはありません。
フィナステリドは副作用が少ない成分と言われていますが、女性が使用した場合には大きな健康被害が表れる危険性がある事が指摘されています。
そのためにフィナステリドを含んだ育毛剤を女性は使用する事は出来ません。
これらの成分とは違い、胎盤は男女問わず使用する事が出来ます。
基は哺乳類の胎盤が原料であり、自然界では当たり前のように行われていた行為であるので、薬品による健康被害が起こる心配はありません。

Copyright(C) 2013 生命の源.com All Rights Reserved.